現役介護職員(介護福祉士)による、介護職員のためのホームページ。
低賃金に人員不足、自分の体もいつまで持つやら…。

希望の持てない、不安だらけのアナタのためのココロの栄養剤。

HOME | このサイトについて | 資格取得のススメ | 転職活動のススメ | 腰痛予防のススメ | コラム | その他 | ご意見・ご感想お待ちしております |

HOME > 腰痛予防&改善のススメ > 腰痛になってしまったら

スキルアップのための
資格取得のススメ
ホームヘルパー2級 
 この資格についての説明
 オススメの通信講座等 
介護福祉士
 この資格についての説明
 学習方法はコレ
 厳選!参考書籍
 オススメの通信講座等
ケアマネージャー
 この資格についての説明
 学習方法はコレ
 厳選!参考書籍
 オススメの通信講座等
キャリアアップのための
転職活動のススメ
転職でキャリアアップ
人材派遣でキャリアアップ
腰痛予防&改善のススメ
腰痛になる前に
腰痛になってしまったら
お役立ち書籍&アイテム 
コラム
〜現場からお届けします〜
実録!特別養護老人ホーム
今日から実践!
 利用者を笑顔にする方法
その他
管理人の部屋
毒舌介護職員の生意気ブログ
リンク集
オススメ書籍
 &お役立ちアイテム
 腰痛になってしまったら

   
   ⇒腰痛改善・解消「福辻式」
    
NO.8   お風呂で腰痛改善
  
     整形外科へ行ったり、整骨院へ行ったりして腰痛改善を図るのもいいのですが、
    お金も時間もかかってしまい大変です。
    今回は、自分の生活の中で気軽に出来る腰痛改善法ということで、
    腰痛改善のための効果的な入浴方法を紹介したいと思います。

  入浴の時間とお湯の温度
    
     

     まず、お風呂のお湯の温度を長く入っていらるくらいの温度に設定します。
     僕はいつもだいたい42度で入っていますが、39度くらいがちょいぬるめで
     このくらいがちょうどいいと思います。

     この温度で、20分ほどお湯につかります。

     すると、筋肉の緊張が緩んで血行が良くなり、
     筋肉自体も柔らかくなります。
     もちろん精神的にもリラックスした状態になります。

     この20分という時間が、筋肉をやわらかくするのに必要な
     適正な時間だと言えます。

  入浴後はストレッチを忘れずに

     入浴後には腰や股関節などのストレッチをしましょう。

     お風呂につかった後の、筋肉が柔らかくなっている状態で
     行うことはとても効果があるのです。

     筋肉が硬いと、ちょっとした衝撃でも怪我をしてしまいますし、
     腰痛に関しても、腰を痛めやすくなる一つの原因だと言えます。

  

  →「腰痛になってしまったら」トップへ戻る


   


Copyright © 2007- カイゴミンC〜元気だせ!介護職員!〜 All Rights Reserved.
ノーライフ ノー通販

SEO対策テンプレート

ホームページビルダー活用